トップページ > トピックス

【2018/04/18】「水土里ネットれいほく」ではじめての『田んぼの学校』を開催

 水土里ネット苓北では、4月18日(水)、管内にある志岐小学校、富岡小学校の5年生総勢40人を対象とした「田んぼの学校inれいほく」を開催し、児童の田植え体験を行いました。  これまで各小学校の保護者会が中心となり25年以上前から田植え体験等を行っていましたが、近年の児童数の減少、保護者の協力も減ってきたため、開催が危ぶまれていました。しかし、子どもたちにとって貴重な体験の場を無くしてはいけないとの思いから、今回水土里ネットが主催となり、「田んぼの学校inれいほく」を開催する運びとなりました。  当日は天候にも恵まれ、絶好の田植え日和となり、倉田理事長、田中事務局長の挨拶のあと、JAれいほく川口営農指導員をお招きし、苗の植え方の指導があり、田植えに移りました。  田植えを始める前から、子どもたちは「水が冷たい!」「カエルがいる!」と大はしゃぎ。最初は田んぼに入る事に戸惑っていた女の子たちも田植えがすすむにつれ、泥んこになりながら田植えを楽しんでいました。男の子たちは苗がなくなると「こっちにちょうだい!」と我先に周りのスタッフ、先生達に苗を投げてもらい、一生懸命田植えをしていました。  最後に子どもたちから「貴重な体験が出来て良かった」「水土里ネットの役割がすこし分かった」等の感想を聞き、お盆過ぎには稲刈り体験も予定している事を伝え、子ども達はそちらも楽しみにし、笑顔で帰っていきました。 (水土里ネット苓北 書記 田中 翔平)

 

 


田植え体験の様子1
 
田植え体験の様子2

田植え体験の様子3
 
田植え体験の様子4
一覧を見る
このページの先頭へ