トップページ > トピックス

【2018/07/02】熊本県が災害復旧だより【第5号】を発行しました

 本県を中心に未曽有の被害をもたらした、平成28年熊本地震の発災直後から全国から多くの技術者を派遣いただきながら、「チームくまもと」として災害復旧に取り組んでまいりました。
 発災から2年が経過し、おかげをもちまして、多くの被災地では復旧工事が着々と進行し、営農を再開した農地もよく見かけるようになってきました。しかし、被災範囲が広範囲であった地域などでは未だに作付できない農地や農業用施設の復旧が完了していない農地も多くあり、復旧はまだまだこれからです。
 そうした本県の復旧状況を知っていただくため、平成29年6月よりこれまでの本県の復旧・創造的復興に向けた取組、復旧の進捗状況などを紹介するとともに、派遣いただいている技術職員の活躍の様子などを紹介することを目的に「熊本地震からの創造的復興への「軌跡」(通称、「復興便り」)」を配信することといたしましたのでお知らせします。
このたび、第5号を配信します。
主なトピックスは以下のとおりです。

・くまもと復興・復旧有識者会議を熊本県庁で開催
・第6回 平成28年熊本地震復旧・復興本部会議を熊本県庁で開催
・阿蘇谷地区の営農再開式典を阿蘇市で開催
・派遣職員からのたより等
・熊本地震等の農地等災害復旧事業の進捗状況

詳しくは、熊本県ホームページに掲載しております。是非ご覧ください。
熊本県農林水産部農業農村整備情報誌「復興便り」の配信について

 

 

     
     
一覧を見る
このページの先頭へ