トップページ >保全対策情報 > 基幹水利施設ストックマネジメント事業

水利施設整備事業【基幹水利施設保全型】
(旧基幹水利施設ストックマネジメント事業)

事業の概要・目的

■ 事業趣旨
既存の農業水利施設の有効活用を図り、効率的な機能保全対策を推進するため、施設の劣化状況等を調べる機能診断を行い、機能診断に基づき施設の機能を保全するために必要な対策方法等を定めた計画の作成及び当該計画に基づく対策工事等を一貫して行うことにより、施設の機能を効率的に保全します。
■ 事業内容
(1)県営造成施設に関する機能保全計画の作成
(2)機能保全計画に基づく対策工事の実施
(3)緊急対応の実施
■ 事業主体
上記(1)については都道府県、(2)及び(3)については都道府県、市町村又は当該施設を管理する者とする
 
■ 対象施設
国営土地改良事業又は都道府県営土地改良事業で造成された農業水利施設
 
■ 採択要件
・県による実施方針の策定
・既存施設を有効活用するとみとめられる場合であって、施設機能の向上を主な目的としないもの
・対策工事を行う場合は、機能保全計画が策定されていること
このページの先頭へ
事業の流れ事業の流れ
ライフサイクルコストの低減                   ストックマネジメントの流れ
■ 用語の解説
【ストックマネジメント】
機能診断に基づく「機能保全対策の実施」を通じて、既存施設の有効活用や長寿命化を図り、ライフサイクルコストを低減するための技術体系及び管理手法の総称

【機能診断調査】
施設の機能の状態、劣化の課程及びその原因を把握する為の調査

【機能診断評価】
機能診断調査の結果の評価

【ライフサイクルコスト
(LCC)】
施設の建設に要する経費に、併用期間中の運転、補修等の管理に関する経費及び廃棄に要する経費を合計した金額


このページの先頭へ