トップページ > 農業用水保全情報 > 農業用水水源地域保全対策事業概要(フロー)

農業用水水源地域保全対策事業

農業用水水源地域の保全に向けた取り組みの概要(フロー)

■ 農業用水水源地域保全対策事業(ソフト事業)
1.保全促進対策(農村振興局事業)
・下記の調査計画
・事業主体:都道府県
・補助率:定額
農業用水水源林保全調査
・ハード事業(耕作放棄地を含む)の地域設定等に係る調査
・地域設定に必要な取水施設等の調査

耕作放棄地に関する計画策定
・耕作放棄地に関する調査、調整
・耕作放棄地の利用計画の策定

普及促進基本計画の策定
・市町村、土地改良区等が取り組む普及促進活動の基本方針等の策定
・普及促進対策の目標等の策定
2.普及促進対策(農村振興局事業)
農業用水と水源林に係る理解を深める活動等の実施

事業主体
土地改良区、都道府県土連、市町村

補助率:定額
■ 農業用水水源地域保全整備事業(ハード事業)
1.農業用水関連特定森林整備事業
(林野庁事業)
農業用水の水源地域における水源林の間伐等

事業主体
・都道府県、市町村、森林組合等


補助率:3/10等
2.耕作放棄地対策
(農地環境整備事業、農村振興局事業)
山際の耕作放棄地における植林

事業主体
・都道府県、市町村


補助率:5.5/10
■ 参考
京都議定書森林吸収目標1,300万炭素トンを達成するには、平成19年度から24年度までの6年間において、毎年55万haの森林整備が必要

農林水産関係事業一体となって森づくりを推進
このページの先頭へ